> ブエノスアイレスでおすすめの観光スポット5選

2014年11月26日

ブエノス・アイレス

ブエノスアイレスでおすすめの観光スポット5選

by JSR2012

ブエノスアイレスという言葉の響きがもう素敵な雰囲気は漂っていますよね。アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスは、見所がたくさんあります。大きく分ければ4つの地域に分かれていて、そのどれもが、違う色を持っている地区ですので、全てを見てほしいと思いますが、その地区をすべ含めた中から5つのおすすめのスポットを紹介したいと思います。

1. カサ ロサーダ (Casa rosada)

映画「エビータ」というのを、観た事があるでしょうか。マドンナが主役だったのですが、「Don’t Cyry For Me,Argentina」という歌詞で始まる歌を、マドンナがここで歌っています。エビータというのは、エヴァ・ペロンという、原住民で初めて大統領になった人の妻の愛称で、今でもアルゼンチン国民に愛されている、生い立ちからも苦労している人で、若くして亡くなりました。映画を観てからこの場所に行くと、かなり感慨深いものがあります。ちなみに、カサ ロサーダの意味は「ピンクの家」です(おそらくアメリカのホワイトハウスに対抗したのもあるでしょう)。その名の通り、淡いピンクの建物が印象的な場所となっています。

カサ ロサーダ, CC : https://www.flickr.com/photos/geoliv/4261320208 / BY-SA
4261320208_f64c5f3355_z

カサ ロサーダの内観, CC : https://www.flickr.com/photos/15546071@N04/3478101338 / BY
3478101338_a9068deb41_z


住所:Balcarce 50, 1064 Buenos Aires, Argentina
詳細情報:Wikipedia

2. ボカ ジュニア スタジアム (Estadio de boca jr)

これは特に男性のサッカーファンなら必ず行ってみたいのではないでしょうか。トヨタカップで日本にも行ったことのあるボカジュニアのスタジアムです。私もサッカーが大好きで、行ってしまったのですが、かなりの住宅地の中にありますので、スタジアムはどこかと、道を歩いている人に聞きましょう。このスタジアムはボカ地区の方たちにとって、憩いの場と言ってもおかしくはないほどの場所ですから、みんな知っています。ただし、この地区は、あまり治安が良いとされていないので、大金や大切なものは持ち歩かないようにしましょう。スタジアム付近にあまり人はいません。

CC : https://www.flickr.com/photos/26298797@N07/2580908886 / BY
2580908886_3d7eb2cd53_z

CC : https://www.flickr.com/photos/3336/1332831716 / BY
1332831716_500f99d5ec_z


住所:Brandsen 805, 1161 Buenos Aires, Argentina

3. レティーロ地区 (Retiro)

レティーロ地区というのは、ブエノスアイレスを4つに分けた時の1つの地区なのですが、非常に洗練された地区でもあります。港沿いには、ハーバーフロントという感じで、レストランがそびえたっていますし、空軍が建てた、時計台も、青い空とその港に映えて、良い雰囲気を醸し出しています。ここは、ブエノスアイレスの中でも、1番の「きれいめ」地区であるのは間違いありません。港を見ながらレストランで食事をするのも、リッチな気分が味わえます。

CC : ja.wikipedia.org / CC BY-SA 3.0
640px-Buenos_Aires_-_Avenida_Santa_Fe_entre_Maipú_y_Esmeralda

CC : ja.wikipedia.org / CC BY-SA 3.0
640px-Retiro_room_view


詳細情報:Wikipedia

4. 7月9日大通り(Avenida 9 de julio)

こちらのアベニーダ沿いには、ずらりとヨーロッパ様式の建物が並んでいて、歩いていると、ヨーロッパを旅行しているのではないかという気分になってきます。しかも、建物も、ヨーロッパのようにいい感じに薄汚れていて、それが歴史を感じさせます。私がお勧めなのは、この通り沿いにあるカルフール(だったと思いますが)に入っていただくことです。入り口のそばにずらりとアルゼンチンワインを中心に世界のワインが揃えられていて、そんなに物価の安くないアルゼンチンで、安価で美味しいワインが手ごろに変える場所となっています。

CC : ja.wikipedia.org / CC BY-SA 3.0
640px-Buenos_Aires_-_Monserrat_-_Avenida_9_de_Julio

CC : https://www.flickr.com/photos/nicokaiser/8627492741 / BY
8627492741_27b91abd3d_z

CC : https://www.flickr.com/photos/puroticorico/1923483356 / BY
1923483356_1fc61e9f0b_z


住所:Av 9 de Julio, Buenos Aires, Ciudad Autónoma de Buenos Aires, アルゼンチン
詳細情報:Wikipedia

5. リベルタド公園(Parque libertad)

リベルタドとは「自由」を意味します。この公園は、いくつかのパートに分けられているような感じがしますが、どこにでも自由に滞在することができ、この周りには、レンガを使った建物が多く、その中にある緑のある場所という感じで、より、和みます。ニューヨークにあるセントラルパークをものすごく小さくしたような印象を抱く場所です。ここで寝転んだり読書をしてゆっくりすると、旅の疲れが取れていいですよ。

park

ブエノスアイレスは、とても見所の多い場所で、それぞれの地区にそれぞれの顔があって面白いです。
そんなブエノスアイレスの良さは、やはり、現地に行ってわかるものですから、これらの場所に行って、完全にブエノスアイレスに溶け込んでいただきたいと思います。

筆者 : JSR2012

30代前半女子。21歳でスペインへスペイン語留学へ行き、その後は、日本で就職もしましたが、メキシコでも就職をし、今現在はアメリカ・ロサンゼルスで、夫と子供と3人で暮らしています。