トップ > アジア > 台湾 > 台北 > 女子的台北 素敵な出会いを!恋のパワスポで縁結び祈願

2017年7月30日

台北

女子的台北 素敵な出会いを!恋のパワスポで縁結び祈願

by Fish & Tips

859970

女子旅の行き先として台北の人気が高いのは、女の子にうれしいスポットがいっぱいだから。恋愛、美容など気になるお悩み解決スポットや、非日常が味わえる変身写真も大人気!

台湾一の縁結びスポット恋愛祈願ならココ!霞海城隍廟シアハイチョンホアンミャオ

迪化街にある、城隍が祀られている廟。城隍のほかにも、もう一柱大人気の神様がいる。良縁をもたらすといわれる月下老人だ。良縁を願う本人や親が訪れ、良縁を祈願した縁結びの赤い糸を持ち帰っていく。

861153

霞海城隍廟

現地名:
霞海城隍廟
住所:
迪化街1段61号
地図を見る »
アクセス:
MRT北門駅から徒歩10分
TEL:
02-2558-0346
営業時間:
6:16~19:47
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.tpecitygod.org
台北のホテルを検索する

素敵な出会いをお願い!恋のパワスポで縁結び祈願

良縁のご利益があるといわれる霞海城隍廟。いい人とめぐり会えますように!

お参りの手順

お供えセットの金紙と喜糖(喜びの字が貼られた砂糖)を祭壇に置き、線香に火をつける。

862090

廟外の香炉前で天の神様・天公に祈る。名前、年齢、住所、参拝の目的を伝える。

862033

線香を持ったまま廟中に入り、中央にいる城隍爺に無事息災と金運上昇を願う。

861977

下段の月下老人に自己紹介し、恋愛成就を祈願。その後3回お辞儀する。

861921

右側の部屋に移動し、義勇公、城隍夫人、観音菩薩の順にお祈りを捧げる。

861864

外に出て香炉に線香を立ててお祈りをする。熱いのでやけどに気をつけて。

861808

縁を広げるというナツメが原料の「平安茶」と、喜餅と呼ばれる飴をいただく。

861752

祭壇の金紙を取り、外にある回収用の箱に入れる。あとでまとめて燃やされる。

861693

永遠の愛と子孫繁栄が刻まれた鉛のコインと赤い糸をお守りセットの袋に入れる。

861636

お守りを香炉の上にかざし、時計回りに3回まわす。お守りはそのまま持ち帰る。

860933

参拝グッズ

恋愛お守りセット260元

861240

恋愛お守りセットに含まれるお守り。中に赤い糸と鉛のコインを入れる

861249

廟参拝のお供えセット50元

861232
台北のホテルを検索する

台湾の神様たち

数多い神様たちのなかでも、よく知られている神様を紹介!

縁結びの神様月下老人ユエシアラオレン

縁結びの神様として親しまれている。携えた袋には赤い糸が入っており、「運命の赤い糸」の由来となっている。

すべてを司る最高神 天公ティエンコン

玉皇大帝、天帝、上帝とも呼ばれ、すべての神様を統率する道教の中心となる神様。旧暦1月9日が誕生日とされている。

台湾鎮護の女神 媽祖マーツウ

航海の女神として祀られ、台湾において最もあつい信仰を集める。台湾には大小合わせて2400もの媽祖廟がある。

安産・子宝の神様 註生娘娘ツウションニャンニャン

不妊症や初産をひかえた女性があつく信仰。左手に台帳、右手に筆を持ち、各家の子供事情を記録しているという。

医学を司る神様 保生大帝パオションターティー

医学の神様として信仰の対象となっている。台北市内の保安宮はその本山で、毎年4月頃に盛大な祭典が行なわれる。

武勇と商売の神様 関帝クワンティー

『三国志演義』でおなじみの武勇の神・関羽は、そろばんを初めて使った人物として、商売の神様にもなっている。

学問の神様 孔子コンツー

日本でも学問の神様としてあがめられているが、台湾でも同じ。毎年9月に行なわれる祭典は「教師節」と呼ばれる。

天災を鎮める神様 城隍チョンホアン

天災を鎮め、邪気を祓う、土地の守り神。人間の生前の悪事を死後に裁く役割も持つ。旧暦5月13日が誕生日。

台北のホテルを検索する

この記事のタグ

まっぷる台湾’18

  • 発売日:2017年01月11日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
「まっぷる台湾’18」が出展元となる記事に掲載されている営業時間や表記などのデータは、2016年10〜12月の調査・資料に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際には改めて事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「元」で表示しています。2016年12月現在、1元=NT$1=約3.5円です。 ●ホテル、レストランなど一部施設では、別途サービス料がかかる場合があります。 ●休業日は、旧正月などの祝祭日や臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則として地名、店名などは漢字(中国語) で記しています。一部、英語表記があるものは、英語を併記しています。また、地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、注意が必要です。カタカナ表記は中国語の発音を表しています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ●「両」や「斤」は台湾の重さの単位で、1両は37.5g。1斤は16両で600gとなります。 ●各掲載物件の電話・FAX番号は現地の番号です。日本から電話をかける場合は国際電話となります。携帯電話の場合は各電話会社のホームページなどで確認してください。