トップ > アジア > タイ > バンコク > タイ・バンコク 昼と夜で表情の変わるシーロム通りのおすすめスポット

2017年8月12日

タイ

タイ・バンコク 昼と夜で表情の変わるシーロム通りのおすすめスポット

by Fish & Tips

142230

ルンピニー公園から南西のチャオプラヤー川まで延びるシーロム通り。昼と夜で異なる顔を持つバンコク有数のビジネス街は見どころがコンパクトに詰まっているので街歩きに最適。ルンピニー公園の入口では、公園を創設したラーマ6世の像が通りを見渡している。

訪れる時間帯によって表情を変える街

地下鉄サム・ヤーン駅から街歩きはスタート。駅の目の前には大理石造りの見事な寺院ワット・フアランポーンがある。地元の人々のあいだでは御利益のある寺院として有名で、境内は毎日多くの参拝客で賑わっている。寺院からラーマ4世通りを少し東へ歩くとすぐスネーク・ファームに到着。タイ赤十字協会内にある珍しい毒蛇研究所では、コブラなどが登場するデモンストレーションが毎日行なわれており、時間が合えばぜひ訪れてみたい場所。ラーマ4世通りからシーロム通りに差しかかると木々が生い茂る都会のオアシスルンピニー公園が見えてくる。王室所有地に由来する広大な緑地で散歩や運動にいそしむ健康派タイ人が集まって心地さそうに汗を流している姿が見られる。 シーロム通りに入り、BTSサラ・デーン駅を通過した右手には夜の歓楽街として有名なタニヤ通りとパッポン通りが見えてくるが、タニヤ通り沿いにずらりと並ぶ日本語の看板には驚く。日が沈むとにわかに活気づき、観光客向けの露店やバーがオープンする。日中とは別の街を訪れたような気分にさせられる。

タイのホテルを検索する

シーロム通りから路地を散策

シーロム通りを挟んだパッポン通りの向かい側には、街路樹の下に屋台が並ぶコンヴェント通りがある。近隣のビジネスマンやOLも太鼓判を押す屋台が揃い、昼になると通りは多くの人であふれ返る。

スネーク・ファーム (Snake Farm)

毒蛇の解毒剤と血清を研究・開発する目的で造られた研究所。毎日行なわれる毒蛇デモンストレーションが人気。

151976

スネーク・ファーム

現地名:
Snake Farm
住所:
1871 Rama 4 Rd.
地図を見る »
アクセス:
MRT サム・ヤーン駅から徒歩6分
TEL:
02-252-0161~7
営業時間:
8:30~16:30(土・日曜、祝日は9:30~13:00)
定休日:
無休 

ルンピニー公園 (Lumphini Park)

都会の中に突如現れる市民の憩いの公園。緑豊かな木々の向こうに発展を続けるバンコクのビル群が見える。

152133

ルンピニー公園

現地名:
Lumphini Park
住所:
Rama IV Rd.
地図を見る »
アクセス:
MRT シーロム駅/BTS シーロム線 S2 サラ・デーン駅からすぐ
営業時間:
4:30~21:00
定休日:
無休 

コンヴェント通り (Convent Rd.)

気軽に入れる飲食店などが集まる路地。種類も多くどの店にするか迷いそう。昼どきは周辺の人々で大混雑。

151470

コンヴェント通り

現地名:
Convent Rd.
アクセス:
MRT シーロム駅/BTS シーロム線 S2 サラ・デーン駅から徒歩3分
営業時間:
11:00頃~19:00頃(店舗により異なる)
タイのホテルを検索する

ルンピニー公園 (Lumphini Park)

広大な緑の公園をのんびり散策

ラーマ6世が王室所有の土地を提供して生まれた公園。公園名はネパールにあるブッダの生誕地が由来だ。57.6haの広大な園内に緑が茂り、池や芝生が美しい街のオアシス。時計台やプール、図書館なども点在する。朝にはジョギングや太極拳を楽しむ人々をはじめ、学生や家族連れなどの憩いの空間だ。南西側にある公園入口には、ラーマ6世像が立つ。

123235

園内の通路には距離が表示されていてジョギングに便利

公園でエアロビクスに挑戦

タイでは健康増進のためのエアロビクスが盛んだ。暑さの和らぐ朝と夕方に、学校の校庭や公園に人々が次々と集まってくる。ルンピニー公園でも朝の6時や夕方18時頃になると、エアロビクスをする集団を各所で見かける。参加は自由。旅行中の体調維持に、タイ式エアロビを体験しては。

ルンピニー公園

現地名:
Lumphini Park
住所:
Rama IV Rd.
地図を見る »
アクセス:
MRT シーロム駅/BTS シーロム線 S2 サラ・デーン駅からすぐ
営業時間:
4:30~21:00
定休日:
無休 
タイのホテルを検索する

スネーク・ファーム (Snake Farm)

毒蛇の怖さと迫力を間近で知る

赤十字が運営する毒蛇研究所。山岳地帯で多発する毒蛇被害を減らすため、毒蛇の血清や解毒剤の研究を行なっている。数千匹の毒蛇を飼育し、毎日行なうデモンストレーションでは、毒蛇の捕らえ方や毒の採取方法を披露。その後に行なう蛇との記念撮影が人気だ。

143339

赤十字協会の一施設。タイ国内に生息しているあらゆる毒蛇を飼育、展示する

スネーク・ファーム

現地名:
Snake Farm
住所:
1871 Rama 4 Rd.
地図を見る »
アクセス:
MRT サム・ヤーン駅から徒歩6分
TEL:
02-252-0161~7
営業時間:
8:30~16:30(土・日曜、祝日は9:30~13:00)
定休日:
無休 
タイのホテルを検索する

コンヴェント通り (Convent Rd.)

並木の木陰が気持ちよい通りは、カジュアルな飲食店や屋台が並び庶民的な雰囲気。周辺がビジネス街という場所柄、昼や夕方にはビジネスマンやOLが食事をしに集まってくる。味と安さで評判の食堂が多い。

コンヴェント通り

現地名:
Convent Rd.
アクセス:
MRT シーロム駅/BTS シーロム線 S2 サラ・デーン駅から徒歩3分
営業時間:
11:00頃~19:00頃(店舗により異なる)
タイのホテルを検索する

ワット・フアランポーン (Wat Hualamgphong)

無縁仏の共同墓所がある

事故の死者など無縁仏を供養する寺として知られる。境内には、レスキュー隊を組織するボランティア団体「義徳善堂」の施設もある。寺や義徳善堂にお布施・寄付をすることで高い徳を積み御利益も得られると、毎日多くの参拝客が訪れる。絢爛豪華な建築は見事。

117432

伝統建築様式の外観や内部の壁画など見どころも多い

ワット・フアランポーン

現地名:
Wat Hualamgphong
住所:
728 Rama IV Rd.
地図を見る »
アクセス:
MRT Sam Yanサム・ヤーン駅からすぐ
TEL:
02-233-8109
営業時間:
24時間(仏像拝観7:00~18:00)
定休日:
無休 
タイのホテルを検索する

ワット・プラ・シーマハー・ウマー・テウィー (Wat Phra Sri Maha Uma Tewi)

ビジネス街に突如現れる極彩色寺院

シーロム通りにあるヒンドゥ教寺院。入口には、無数の神像が彫られた極彩色の門がそびえ立ち、不思議なムードが漂う。境内は素足で参拝する。周辺にはヒンドゥ教の仏像や献花を売る店が並ぶ。

142645

細密な彫刻を施した門。インド人のほかタイ人も訪れる

ワット・プラ・シー・マハー・ウマー・テウィー

現地名:
Wat Phra Sri Maha Uma Tewi
住所:
2 Silom Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S5 スラサック駅から徒歩9分
営業時間:
6:00~20:00
定休日:
無休 
タイのホテルを検索する

クロントゥーイ市場 (Talat Klongtoey)

タイ最大規模の食品卸売市場。市街地の東端にあり、タイ北部からの農畜産物が次々と運び込まれ、肉類はその場で加工されていく。生鮮野菜や果物、肉、乾物など、その種類と数の多さに圧倒される。さまざまな匂いが混ざり合い、活気に満ちた市場だ。

141088

バンコク都内の多くの飲食店がここで食品を仕入れている

145619

さばかれたばかりの鶏肉や豚肉が並ぶ

クロントゥーイ市場

現地名:
Talat Klongtoey
アクセス:
MRT Queen Sirikit National Convention Centreクイーン・シリキット・ナショナル・コンヴェンション・センター駅から徒歩4分
営業時間:
24時間
定休日:
無休 
タイのホテルを検索する

クイティアオ・シップソン・パンナー (Kwitiau Sipsong Panna)

カレー味のカオ・ソーイ

シップソン・パンナーとは中国雲南にあるタイ族の故郷。カオ・ソーイやナム・キヤオなど北タイ料理が専門。

152957

黄色の中華麺を「茹で」・「揚げ」の2種類で楽しめる、カレーラーメン

クイティアオ・シップソン・パンナー

現地名:
Kwitiau Sipsong Panna
住所:
16/4 Soi 3(Pipat), Silom Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S2 サラ・デーン駅から徒歩7分
TEL:
086-334-1489
営業時間:
7:00~14:30
定休日:
日曜 
タイのホテルを検索する

この記事のタグ

トラベルデイズ バンコク

  • 発売日:2012年12月10日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ バンコク」です。掲載している情報は、2016年3〜8月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。