トップ > アジア > タイ > バンコク > タイ・バンコクから行ける水上マーケット 行きかた&楽しみ方

2017年8月12日

タイ

タイ・バンコクから行ける水上マーケット 行きかた&楽しみ方

by Fish & Tips

1493185

色とりどりの荷物を積んだ小舟が行き交い、活気あふれる水上マーケットは、タイの定番観光のひとつ。バンコク市内から車で40分〜2時間ほど。賑わう時間帯に合わせてでかけたい。

【DAY MARKET (デイ・マーケット)】船の上でお買い物 (Floating Market)

水上マーケットって??

水上マーケットとは、運河に商品を積んだ舟が行き来し、舟同士や舟と岸辺で商品を売り買いする市場のこと。新鮮なフルーツやタイ料理、おみやげなどの雑貨を積んだ小舟が運河を行き交う様子は活気があり面白い。タイ語では「タラート・ナーム」といい、直訳すると「水市場」で、川沿いに位置する市場全般をこう呼んでいる。30年ほど前まではバンコクの市街地も水上交通が盛んで日常的な風景だったが、現在はバンコク郊外に残る水上マーケットが有名。オプショナルツアーなどで、実際に小舟に乗って運河めぐりを楽しむこともできる。

1493256

声をかけると小舟が横につけてくれる

1493278

細い運河を熟練の技で進む小舟

1493270

小物の値段は交渉制だが割高な場合が多い

1493263

小舟の上で調理したての料理を食べられる

1493944

ジャックフルーツの実のシロップ漬け。もちもちした食感が特徴

1493955

クレープ生地にメレンゲをのせたタイ菓子、カノム・ブアン

1493957

エビやカニなど、新鮮な海産物を屋台船でグリルしてくれる

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット (Damnoen Saduak Floating Market)

バンコク随一の活気あるマーケット

ラーマ4世時代に造られた運河で毎朝開かれ、バンコクでもとくに活気あふれる水上マーケット。朝5時頃からフルーツや野菜、日用品などを積んだ小舟が行き交い始め、7〜8時頃が最も賑わう。小舟に乗って運河をめぐりながら買い物が楽しめるほか、岸辺から目当ての品を載せた小舟に呼びかけてもいい。運河の両脇には歩いてまわれるショッピングエリアや食堂もある。

トリッププラン

水上マーケットを訪れるツアーは毎日催行されており、半日のツアーが多い。いちばん賑わう午前中をめざし、どのツアーも朝早く出発する。昼すぎには終了するため午後も有効活用できる。日系旅行会社なら900B程度。1日ツアーの場合は、近場の観光地にも立ち寄る。

1493175

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット

現地名:
Damnoen Saduak Floating Market
アクセス:
バンコクから車で2時間
営業時間:
6:00~12:00頃(店舗により異なる)
定休日:
無休 

アムパワー水上マーケット (Amphawa Floating Market)

風情あふれる市場が地元で人気

近年、地元で最も人気がある日帰り観光スポットがここ、アムパワー。平日は閑散としているが、週末ともなると大勢の人たちが押し寄せ、大変な賑わいとなる。運河沿いに開けた市場で、物売りの舟も往来している。ボートをチャーターして運河をクルージングしたり、群れをなしたホタルがクリスマスツリーのように光る様子を見学する夜のボート・ツアーもロマンティックで大人気。

トリッププラン

バンコクから遠い場所にあるため市街地発のツアーバスを利用するのが一般的。日本語ガイドが同行する日系旅行会社だと1500B前後。どちらも金〜日曜限定の催行なので注意が必要。

1493162

アムパワー水上マーケット

現地名:
Amphawa Floating Market
アクセス:
バンコクから車で2時間
営業時間:
金~日曜12:00~21:00が賑わう
定休日:
店舗により異なる 

タリンチャン水上マーケット (Talingchan Floating Market)

週末、 気軽に行けるローカル市場

バンコクの西端、チャクプラ運河沿いにある。バンコク中心部から近いので、手軽に行ける水上マーケットとして人気。ここは小舟で商品を売りに来るのではなく、係留されている小舟からさまざまな商品を購入して楽しむスタイルの市場。買い物をしたあとは、カニ、エビ、魚などの料理を味わおう。

トリッププラン

バンコク市街地からいちばん近い水上マーケットへのアクセスはバスかタクシーのみ。公営バスの79番を使って約1時間。タクシーを使っても片道100〜150Bと高くないので、バスに不安がある人はタクシーがおすすめ。

1493151

タリンチャン水上マーケット

現地名:
Talingchan Floating Market
アクセス:
バンコクから車で40分
営業時間:
土・日曜8:00~17:00
定休日:
月~金曜 
タイのホテルを検索する

まっぷるタイ・バンコク’18

  • 発売日:2017年06月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるタイ・バンコク’18」です。掲載されている営業時間や表記などのデータは、2017年2〜3月の取材・調査に基づくものです。諸事情により、料金・価格など、掲載情報が変更になる場合もありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「B(バーツ)」で表示しています。2017年4月現在、1B(バーツ)=約3円です。 ●休業日は、祝祭日や年末年始、臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則、地名や掲載施設名などはアルファベットで表示しています。地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、編集部の判断で統一しています。ブランド名、ホテル名など日本で通用しているものは、その表記に従っています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ※前国王ラーマ9世の崩御を受け、2017年10月まで喪服期間となります。期間中は見学できない施設もあります。