トップ > アジア > タイ > バンコク > バンコクで見逃せないエンタメ タイ舞踊とは?楽しみ方まとめ

2017年8月13日

タイ

バンコクで見逃せないエンタメ タイ舞踊とは?楽しみ方まとめ

by Fish & Tips

Khon,Art culture Thailand Dancing in masked khon Benjakai and hanuman in literature amayana,thailand,thailand culture,thailand khon,thailand traditional culture, .

あでやかなタイ舞踊や、かつては宮廷でのみ披露された神聖な舞。きらびやかな姿としなやかな動きが生み出す、独特の世界観に魅了され、タイ文化の奥深さを感じたい。

タイ舞踊のキホンQ&A

Q.いつ頃からあるの?

A.現存するタイ文字の碑文から、スコータイ王朝時代にはタイ舞踊が存在していたことがわかっている。アユタヤー王朝時代にはクメール帝国から文化的・芸術的影響を多大に受けつつ、タイ舞踊の基盤ができあがっていった。

Q. 代表的な作品は?

A.仮面劇なら『ラーマキエン』を題材とするもののほか、半人半鳥の天女マノーラーをめぐる物語『マノーラー』も有名。また、タイ各地で庶民が生み出してきた民族舞踊には、各地方の風土や民族性が表れている。

Q.どこで鑑賞できるの?

A.国立劇場をはじめとする各劇場のほか、食事をしながらタイ舞踊が鑑賞できるレストランもあり、外国人観光客向けの人気演目が上演される。神様を祀る祠や寺院では、信者が奉納する伝統舞踊を目にすることもある。

Q.どんな踊りがあるの?

A.ひとくちにタイ舞踊といっても、その内容や表現方法はさまざま。きらびやかな衣装と優雅な舞に代表される舞踊劇や仮面劇、地方によって異なる民族舞踊などがある。

仮面舞踊劇 (コーン)

おもにインドの叙事詩『ラーマーヤナ』のタイ版『ラーマキエン』を演じる舞踊劇のこと。戦いのシーンが多く、足踏みの動きが特徴的。仮面をかぶるのは魔王トッサカンとその手下、ハヌマーンと猿軍団の演者のみ。本来の上演時間は非常に長いため、ダイジェストや一部のみが上演される。

Thotsakun Khon
by fotolia - © sutiporn

舞踊劇 (ラコーンラム)

踊りとセリフ、歌などがひとつになったストーリー性の高い舞踊劇。ヒーローとヒロイン、脇役の3人で演じられるノーラーチャートリー、大勢の踊り手が加わるラコーンチャートリー、宮廷内で演じられるラコーンナイ、民衆から生まれたラコーンノークなどがある。

古典舞踊 (ラムマータターン)

スコータイからアユタヤー王朝初期の時代に踊られていた宮廷舞踊。セリフはなく振り付けのみで、歌詞に合わせて厳格に決められた型を音楽にのせて踊る。現在は、舞踊劇の上演前の清めの儀式や劇の途中に披露されることが多い。

民族舞踊 (ラムプーンムアン)

東北部では気候条件の厳しい生活から、楽しみを得るための快活な踊りが多い。気候の温暖な北部では、ランナーなど王朝文化も影響してゆったり上品な踊りだ。金色の長い爪をつけた女性が舞うフォーン・レップが有名。南部はマレーシアやインドネシアの影響を受けた踊り、王宮のある中部は古典舞踊をもとにしたきらびやかな踊りが多い。

そのほかの特殊な舞踊

ボーランカディーは、古典舞踊とも民族舞踊とも異なる特殊な技法を取り入れた舞踊。『タワラワディー』、『スコータイ』、『シビチャイ』、『ロッブリー』など、各地の遺跡に残る壁画などをもとに創作された。

タイのホテルを検索する

タイ舞踊の代名詞 『ラーマキエン』物語を知ろう

タイ舞踊の最も有名な演目。壮大な物語の概要やあらすじを事前に学んておきたい。

『ラーマキエン』物語とは?

タイの古典文学『ラーマキエン』物語のもととなっているのは、紀元2世紀頃に編集された古代インドの大叙事詩『ラーマーヤナ』だ。『ラーマーヤナ』は東南アジア各地に伝えられ、各国の文化に大きな影響を与えた。 タイでは『ラーマキエン』物語として、トンブリー王朝のタークシン王が戯曲としての基本形を作り、ラーマ1世が1789年に完成させた。もともとの登場人物は311人にのぼり、すべて上演すると720時間かかるといわれるが、現在のショーではラーマ王子と魔王トッサカンの戦いの一部を抜粋して演じられることが多い。

The pantomime festival candles,Thai traditional dance of the Ramayana epic drama art,Thailand
by fotolia - © tonjung

ラーマ王子と魔王トッサカンが激しく戦う緊張の場面

物語のあらすじ

①ヴィシュヌ神の化身であるアヨータヤー王国のラーマ王子は、ミティラ国の婿取り行事で活躍し、シーダ姫と結婚する。しかし継母の策略で国を追放され、弟のラック王子をともない深い森へと逃れていく。

②ある日森の中でシーダ姫を見かけたランカー国の魔王トッサカンは、彼女にひと目惚れ。金色の鹿を使い2人の王子を誘い出し、その隙に姫を連れ去ってしまう。

③ラーマ王子とラック王子は、白猿ハヌマーンや多くの猿の援軍を味方につけ、トッサカン率いる魔王軍との激しい戦いを繰り広げる。

④心臓を仙人に預けているため不死身のトッサカンを相手に、ラーマ王子たちは苦戦。しかしハヌマーンがトッサカンの心臓が入った箱を盗み出し、ラーマ王子が魔法の矢を放つと同時に箱をつぶして見事勝利。姫を救い出し王国に凱旋する。

おもな登場人物

ラーマ王子
アヨータヤー王国の王子。シーダ姫と結婚するも、継母の陰謀によって国を追われる

ハヌマーン
風神の子で猿の国の王。ラーマ王子の味方となり、猿軍を連れて戦う

魔王トッサカン
ランカー国を支配する魔王で、10の頭と20の腕を持つ

ラック王子
ラーマ王子の弟で、兄とともに追放され森をさまよう

シーダ姫
ミティラ国の美しい姫。婿取り行事で王子と出会い、妃となる

Thai Khon Ramayana mask drama from ancient Indian literature.
by fotolia - © newroadstore
タイのホテルを検索する

タイ舞踊を楽しむための【おすすめスポット】

サラ リム ナーム (Sala Rim Naam)

一流料理と踊りで伝統の美

川の西岸にたたずむマンダリン オリエンタルのダイニング。宮殿をほうふつさせる豪華な内装のこのレストランでは、毎夜、中央のステージできらびやかなタイ舞踊のショーが観られる。『ラーマキエン』など物語性のある踊りは見ごたえ十分。

1462592

アラカルトメニューが味わえるテラス席ではリバービューが堪能できる
ダンサーのあでやかな舞に引き込まれる。ショー付のセットディナーは2450B(税サ別・要予約)
予算 Ⓛ900B Ⓓ2450B (税サ別)
『ラーマキエン』の一場面やタイ各地の民族舞踊を上演する舞踊ショーは毎晩20:15〜、21:30〜

サラ リム ナーム

現地名:
Sala Rim Naam
住所:
Mandarin Oriental, Bangkok, 48 Soi Oriental, Charoen Krung Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S6 サパーン・タークシン駅下車、サートーン桟橋から専用ボートで5分
TEL:
02-437-3080
営業時間:
ランチビュッフェ12:00~14:30、ディナー19:00~22:30※テラスは17:00~22:30(閉店は24:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.mandarinoriental.co.jp/bangkok

サラ・タイ (Sala Thai)

手ごろな料金で舞踊鑑賞

タイ舞踊を観ながらディナーが楽しめる老舗レストラン。インドラ・リージェント内にある13世紀のスコータイ様式を模した建物で、中央フロアでは各地方の伝統的なタイ舞踊が披露される。料理は月替わりのセットメニュー。
ショータイムは20:30。アナウンスを交えて7種類のダンスを披露

1462221

ディナーとショーで1000B

サラ・タイ

現地名:
Sala Thai
住所:
4F Indra Regent Hotel, 120/126 Rajaprarop Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 N1 ラーチャテウィ駅から車で6分
TEL:
02-208-0022
営業時間:
土曜19:00~21:00
定休日:
月~金・日曜 
Webサイト:
http://www.indrahotel.com

国立劇場 (National Theatre)

タイ通好みの本格的劇場

月に2回、格調高い古典舞踊の公演がある。専用HPがないので、言葉が不安な人は日系の旅行代理店に公演予定やチケットについて聞くとよい。

1460503

公演前に劇場のカウンターでチケットを購入

国立劇場

現地名:
National Theatre
住所:
2 Rachini Rd.
地図を見る »
アクセス:
王宮から徒歩15分
TEL:
02-224-1342
営業時間:
第1・2日曜14:00~
定休日:
月~土曜、第3・4日曜 

サイアム・ニラミット (Siam Niramit)

壮大な規模で魅せる舞台

2000席を擁する劇場で、150人もの演者がタイの歴史・文化を空前のスケールで紹介。豪雨や運河など舞台装置も圧巻だ。敷地内はタイの村を再現したテーマパーク

サイアム・ニラミット

現地名:
Siam Niramit
住所:
19 Tiamruammit Rd.
地図を見る »
アクセス:
MRT タイ文化センター駅から徒歩10分
TEL:
02-649-9222
営業時間:
17:00~22:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.siamniramit.com
タイのホテルを検索する

この記事のタグ

まっぷるタイ・バンコク’18

  • 発売日:2017年06月14日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるタイ・バンコク’18」です。掲載されている営業時間や表記などのデータは、2017年2〜3月の取材・調査に基づくものです。諸事情により、料金・価格など、掲載情報が変更になる場合もありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「B(バーツ)」で表示しています。2017年4月現在、1B(バーツ)=約3円です。 ●休業日は、祝祭日や年末年始、臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則、地名や掲載施設名などはアルファベットで表示しています。地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、編集部の判断で統一しています。ブランド名、ホテル名など日本で通用しているものは、その表記に従っています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ※前国王ラーマ9世の崩御を受け、2017年10月まで喪服期間となります。期間中は見学できない施設もあります。