トップ > アジア > 台湾 > 台湾ツアー 2泊3日+1 パーフェクトモデルコース!

2017年7月15日

アジア

台湾ツアー 2泊3日+1 パーフェクトモデルコース!

by Fish & Tips

15059023549_41fbb417f3_z
台北夜景 Taipei at Night, by Wei, Shi-Hang, CC BY-ND

短い滞在でもやりたいことを逃さず楽しむコースをご提案。2泊3日+1日プランでは郊外や地方の人気タウンを紹介しているのでお好みに合わせてアレンジを!

大充実!台北2泊3日ステイ

まずは台湾旅行のテッパン、台北の滞在プランをチェック!
王道グルメや定番名所はもちろん、最旬スポットもしっかり満喫したい。

1日目

ランドマークとローカルに評判の高感度スポットをめぐったあとは、台北最大の夜市を散策!

START [15:00] まずは街のシンボルへ 「台北101」(タイペイイーリンイー)の展望台

ホテルに荷物を預けたら、一番高い場所から街を一望。絶景を前に始まったばかりの台北ステイに期待が膨らむ。

873120

下層階のモールで買い物やグルメもOK

873142

 展望台から眺めると台北の大都会ぶりが一目瞭然

[16:30] 素敵な雑貨を見つけよう!話題の「松山文創園区」(ソウシャンウェンチュアンユエンチュウ)へ

廃工場をリノベした流行の発信地で、雑貨探し。すぐ横にある大型の誠品書店「誠品生活 松於店」も忘れずにチェック!

874440

ショップやカフェ、ギャラリーが入居

874449 copy

流行のMIT(メイド・イン・台湾)グッズがずらりと並ぶ

mt

 台湾モチーフのマスキングテープが人気

[18:00] 賑わう夜市で大はしゃぎ「士林夜市」(シーリンイエシー)食べ歩き!

通りは屋台がずらりと並び、すっかりお祭り気分に。ストリートフードを味わいつつ「美食区」で晩ごはん。

874153

アーケードの士林市場の地下に美食区がある

874174

 注文や購入は指さしでも大丈夫

874169

日本人に慣れている店員さんが多い

874180

できたてのアツアツグルメがいただける

[19:30] やっぱりこれでしょ!「辛發亭」(シンファーティン)でふわふわかき氷

口の中でふわっと溶ける雪花氷の元祖がここ。ごはんのあとでも、ヒンヤリかき氷は完全に別腹。

873950
873942

フレーバーも多彩。写真はピーナッツ

[21:00] まだまだ夜は終わらないイマドキな「饞食坊」(チャンシーファン)でまったり

ホテルに戻る前に少し寄り道。台湾産のクラフトビール片手にくつろげる親しみやすい店内で明日の作戦会議。

874030

台湾のクラフトビールも味わえる

874040

 オープンエアの席もある

2日目

この日は人気の街角を散策し、名物のグルメを制覇。パワスポにお参りして運気もアップ!

START [7:30] 行列のできる朝ごはん「阜杭豆漿」(フウハントウチャン)にチャレンジ

テレビで見て気になっていた豆漿。せっかくなら連日行列の人気店で。待つのが嫌ならもっと早起きしよう。

877531

「並んでよかった!」と思えるおいしさ

[9:30] パワスポといえば縁結び迪化街の「霞海城隍廟」(シアハイチェンホアンミャオ)へ

台湾一と名高い縁結びの神様へ、素敵な出会いをお願い。一日のスタートが遅い台湾でも周辺の問屋街は早起き。

877600

ローカルに交じってお祈りしてみよう

[10:30] 「迪化街」(ティーホワチエ)を散策リノベスポットに注目

問屋街の茶葉やカラスミを物色していれば、点在するおしゃれレトロなショップ群もオープン。

877695

 細長いビルの奥にまで店が連なる

877644

こだわりのおみやげ雑貨が見つかるかも

[12:00] お昼ごはんは台湾名物「鼎泰豐」(ディンタイフォン)で小籠包!

台湾一の人気店でも、番号札を渡されるので並ばなくてもOK。待っている間に近くでショッピング。

877794

小籠包はやっぱり安定のクオリティ!

877797

 おみやげ用のアイテムも販売している

[13:30] 「康青龍」(カンチンロン)までぶらり散歩雑貨屋さんで花布グッズ発見!!

康青龍は雑貨激戦区で、個性的なおしゃれなアイテムがそろう。かわいい花布の小物もさまざまなものが見つかる。

878335

手軽に使えるコースターなどがおすすめ

878336

 店先を緑で飾る店も多く、散策が気持ちいい

[14:30] おやつは「思慕昔」(スームーシー)でフルーツたっぷりのスイーツ

永康街の人気スイーツ店は、一年中マンゴーが楽しめる。ボリュームたっぷりなので、何人かでシェアしよう。

886563

フレッシュなフルーツどっさりで大満足

[16:00] 「竹里館」(ツーリークワン)で中国茶レッスン大人の時間を楽しむ

奥深い功夫茶の世界を体験しよう。レッスンでは日本語でていねいに教えてくれるので安心。

878032

肩肘張らずに中国茶の世界を体験しよう

[17:30] 「中山駅」(ツォンシャンツァン)の周辺で思う存分ショッピング

建ち並ぶデパートなどでお買い物。雑貨店の多い赤峰街もすぐ近く。マッサージ店で休憩するのもよい。

878119

デパートの新光三越はまとめ買いに便利

878167

 赤峰街はこだわり台湾雑貨の宝庫

[19:30] 辛&酸の組み合わせに夢中! 「蜀辣」(シューラー)の麻辣鍋で締め

2日目の夜はアツアツの火鍋。具だくさんの鍋をつつけば話もはずむ。次の日も朝が早いので食べ過ぎに注意。

877910

辛うま鍋でデトックスも期待できそう

3日目

最終日は台北が誇る大型名所で締める! おみやげの粘り買いには空港のショップも活用を。

START [7:00] 「中正紀念堂」(ツォンツェンチーニエンタン)で朝の散歩&太極拳を見物

巨大な建物の前に広がる公園でローカル感満点の朝活。地元の人々のくつろぐ姿をのぞき見しよう。

875568

朝は空気が澄んでいるので散歩に最適

[8:00] 「三娘香菇肉粥」(サンニャンシャンクウロウツォウ)のお粥はやさしい味わい

朝食には疲れ始めた胃にやさしいヘルシーなお粥をチョイス。足りなければ、豊富なサイドメニューを追加。

875671

自然な味わいがローカルに人気の店

[10:00] 歴史が詰まった秘宝を見る「国立故宮博物院」(クオリークウコンポーウーユエン)

いつでも混雑している人気スポットなので、比較的すいている午前中に。見たいものには目星をつけておこう。

871520

しっかり見学するなら半日ぐらいは必要

[12:00] 宝物を食べるって!?「故宮晶華」(クウコンチンホア)でランチ

翠玉白菜や肉形石など、人気の宝物を再現した料理が楽しめる(要予約)。気軽に食べたいなら地下の「府城晶華」へ。

hakusai

宝物そっくりの見た目。味も一級品

875821

 優雅なインテリアも気分を盛り上げてくれる

[14:00] 松山空港近くの「富錦街」(フーチンチエ)で最後のおみやげ探し

空港からすぐのおしゃれな街へ。人気のパイナップルケーキ店「微熱山丘」もある。桃園空港にも支店あり。

21411970983_5b88e22346_z
Have you taste lovely organic pineapple cake?, by photomanm, CC BY-SA

東京にも進出している人気店

+1日で台湾をさらに満喫

もう1日滞在するなら、郊外や地方へ足を延ばしてみたい。台北を離れてこそ感じられる風情や、感動的な絶景が待っている。

+1日プラン1 史跡とグルメの街・台南

START [7:30] 台北を出発、台南へ

高鉄(台湾高速鉄路)で高鉄台南駅へ。そこから台鉄(在来線)で台南駅へ移動したあと、タクシーで安平へ向かう。

[10:00] 台南でもとくに古い街、安平の城砦の遺構・「安平古堡」(アンピンクウパオ)へ

安平のメインスポット。400年近く前に築かれた砦には、砲台や当時のままの城壁が残る。資料館もあるので、足を運んでみたい。

885687

周辺の見晴らしも良い

885688

 台南の長い歴史が存分に感じられる

[11:30] 安平のメインストリート「延平街」(イエンピンチエ)を散策

小吃やみやげ物の店などが軒を連ねる老街。古都の風情を味わいつつ、台南グッズをゲットしたい。

885811

昼前から多くの店が開き、賑わい始める

[12:30] 「周氏蝦捲」(チョウシーシアチュエン)で台南小吃ランチ

台南はさまざまな小吃が生まれた街としても知られている。蝦捲の発祥店で昼ごはん。

885848

延平街からは支店が利用しやすい

[13:30] 多くの人が行き交い賑やかな中心部の観光名所を見学!

中心部に戻り古跡めぐり。かつて行政府が置かれた赤崁楼や、台湾で最初に建てられた孔子廟など見どころ豊富。

885973

孔子廟は台湾の学問の中心だった

885962

代表的名所の赤崁楼。美しい庭も必見

[17:00] 「窄門咖啡」(ツァイメンカーフェイ)でブレイク

狭い入口を通り抜けるとレトロで素敵な店内が! 地元でも観光客にも人気のカフェで休憩。

886491

コーヒーもお茶もそろう

[18:00] 夜の「神農街」(シェンノンチエ)へ

古い家々が軒を連ねる街。夜のライトアップが幻想的で人気がある。

886131

リノベされている古民家も多い

886146

 カフェバーなども点在。台北に帰る前に一杯楽しんでもいい

[20:00] 台南を出発、台北へ GOAL

+1日プラン2 水辺の景色が美しい高雄

START [7:30] 台北を出発、高雄へ

高鉄で高鉄左營駅へ。駅名は台鉄は新左營、MRTは左營なので注意。

[9:30] 湖畔に中国建築が並ぶ「蓮池潭風景地」(リエンチータンフォンチンチュウ)を見学

高雄を代表する景勝地。湖畔に点在する龍虎塔や北極玄天上帝の巨大な像など、さまざまな見どころを時間をかけてめぐろう。

883708 copy

ランドマークの龍虎塔

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北極玄天上帝像

[12:00] 名物の海鮮料理でランチ

高雄に来たら海鮮料理ははずせない。中心部には名を知られたレストランが多数ある。

883796

海王子も人気店のひとつ

[13:30] 「愛河」(アイフー)に沿っておさんぽ

川沿いには散策路が整備され、腹ごなしにもちょうどいい。デザートが欲しければ近くの高雄阿婆仔冰へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高雄阿婆仔冰へは愛河沿いから10分ほど

883962

 南国フルーツでリフレッシュ

[15:30] 素朴な「旗津風景区」(チーチンフォンチンチュウ)へ

市場や古廟、海鮮料理店街などがある昔ながらの港町。市場をのぞいてみるのも楽しい。

071901

水平線に夕日が沈む

[18:30] 南国風情!「六合夜市」(リウフーイエシー)

港町らしく魚介を扱う屋台が多い。道幅が広く、旅行者にも歩きやすい。

883660

台北とはひと味違う

[20:00] 高雄を出発、台北へ GOAL

+1日プラン3 テッパン九份&平渓線

START [8:00] 台北を出発、瑞芳駅へ

在来線の特急・自強号で、平渓線の起点駅となる瑞芳駅へ向かう。

[9:00] 瑞芳駅で平渓線に乗車

瑞芳駅に到着したら乗り換え。駅の窓口で平渓線の一日周遊券を手に入れよう。

[10:00] 「菁桐駅」(チントン) 「平渓駅」(ピンシー)の周辺を散策

終点の菁桐駅へは瑞芳駅から約1時間の乗車。隣の平溪駅へは歩いても約30分だ。列車の運行は1時間に1本ほどなので、時刻表を確認してから動こう。

881430

平溪駅では鉄橋を渡ってくる車両を見物

881445

 山深い景色が広がっている

[12:45] 「十分駅」(シーフェン)へ到着!昼食後に周辺を散策

十分駅は平渓線の中心街で、小吃店や屋台が建ち並んでいる。ランチ後は徒歩で十分大瀑布を見に行ったり、名物の天燈上げにチャレンジしてみてもいい。

881860

線路上はもちろん列車が通るので注意!

881868

 小さいが水量豊富な十分大瀑布

[16:40] 「基山街」(チーシャンチエ)でおみやげ探し

九份に到着したら、暗くなって店が閉まる前におみやげを探そう。先に手軽に食べられる軽食で小腹を満たしてもいい。

071902

民芸品からお菓子までそろう

[18:00] 「茶藝館」(チャーイークワン)やレストランへ

テラスのある店がおすすめ。季節により時間帯は異なるが夕暮れどきが格別の美しさ。

881646

眺望の良い飲食店が多い

[19:30] 竪崎路(スーチールー)の階段をパチリ!

提灯に明かりが灯った石段の風景は絶対に見たい! 暗くて人も多いのでなかなか難しいがぜひともカメラに収めたい。

881967

夜の九份をもうひとめぐり

[20:00] 九份を出発、台北へ GOAL

台北には22時前には帰り着けるので、夜市やマッサージ店に行くのも一案。

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。