2017年9月2日

イタリア

イタリア 「アマルフィ」 崖に白く輝く家並みはまるで絵画のよう

by Fish & Tips

%3CatariName%3E1229.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

ソレント半島の南、アマルフィ海岸の中心都市。かつて海洋共和国として繁栄した扇状の街。

海岸の岸壁に家が並ぶアマルフィ海岸の中心地

10〜11世紀に海洋共和国として発展した街。山を背にした街は、海からまっすぐに延びる坂道沿いに名物のリモンチェッロを売るみやげ物店などが並び、その中心部には10世紀に創建されたドゥオモがそびえる。白い建物が軒を連ねる街並みは、夕暮れどきになるとオレンジ色に染まり、まるで絵画のよう。また、アマルフィ海岸は世界遺産に登録されている。

%3CatariName%3E1249.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

ドゥオモから見下ろした広場

%3CatariName%3E1246.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

アクセス

ナポリから
SITA社バスで約2時間。(1日1〜2便)
ソレントから
SITA社バスで約1時間40分。(1時間に1〜2便)
www.sitasudtrasporti.it

観光案内所 街のインフォメーション

メインオフィス(Amalfi Information Centre)
Corso delle Repubbliche Marinare 27 
089-871107 
8:30〜13:00、14:00〜18:00、冬季8:30〜13:00 
休 日曜、一部祝日 
ドゥオモ広場から徒歩1分

アマルフィの歩き方

市街は徒歩で十分まわれる規模で、中心はドゥオモ広場。広場から北へ延びる目抜き通り、ドゥオモ通りには柑橘類の売店や陶器、お菓子の店が並ぶ。広場の南を東西に走るマリナーレ通りの眼下にはビーチが広がる。夏場になると、パラソルが砂浜に彩りを添える。

世界遺産アマルフィ海岸へ

ティレニア海に延びるソレント半島のうち、ポジターノからアマルフィを過ぎてサレルノ手前までの南岸が世界遺産に登録されている。波の浸食によってできた複雑な海岸線が、斜面に沿う白い家々やブーゲンビリアの花、レモン畑によって美しく彩られている。ローマ帝国時代から愛されてきた景勝地だ。

%3CatariName%3E1271.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

ドゥオモ広場から海に向かって右手にビーチが広がる

アマルフィ海岸の交通

アマルフィ海岸は鉄道路線がないので、各都市間のおもな交通手段は路線バスか船になる。運行スケジュールや料金は季節や会社によって異なるので、事前にチェックしたい。
路線バス
www.sitasudtrasporti.it(SITA社) 

www.snav.it(Snav社)
www.caremar.it(Caremar社)
www.navlib.it(N.L.G社)

ハズせない! 観光&ショップベストリスト

小さな街ながらも、リゾートらしく店のレベルは高い。

ドゥオモ Duomo

海洋共和国の栄華を伝える
10世紀に創建され、13世紀に聖アンドレアの遺骸が奉納されて拡張、19世紀末に保存状態が悪かったために破損したが、すぐに修復、現在の姿になった。

%3CatariName%3E1260.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

正面のモザイクはアラブ・ノルマン様式

ドゥオモ

現地名:
Duomo
住所:
Piazza del Duomo
地図を見る »
アクセス:
バスフラヴィオ・ジョイア広場下車、徒歩1分
TEL:
089-871324
営業時間:
9:00~18:30(7・8月は~19:30)、11/4~12/24は10:00~15:15
定休日:
無休、天国の回廊と地下聖堂1/7~2/28 

手漉き紙資料館 Museo della Carta Amalfi

手漉き紙体験もできる資料館
13世紀に製紙技術が伝わり、川の力を利用した手漉き紙が作られてきた。その工房跡にできた資料館では手漉き紙作り体験もできる。

951068

古い道具がそのままに残されている

手漉き紙資料館

現地名:
Museo della Carta Amalfi
住所:
Via delle Cartiere 23
地図を見る »
アクセス:
ドゥオモ広場から徒歩11分
TEL:
089-8304561
営業時間:
10:00~18:30(11~2月は~15:30)
定休日:
11~2月の月曜 

ラ・スクデリア・デル・ドゥーカ La Scuderia del Duca

バリエーション豊富な手漉き紙
レターセットやノートなど手漉き紙の製品がバリエーション豊富にそろう。古い陶器や道具なども扱う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ペンとインク付カード€9.50(右)、透かし彫りカード€17.50(左)

ラ・スクデリア・デル・ドゥーカ

現地名:
La Scuderia del Duca
住所:
Largo Cesareo Console 8
地図を見る »
アクセス:
ドゥオモ広場から徒歩2分
TEL:
089-872976
営業時間:
9:30~19:00、冬季は変動あり
定休日:
1月の2週間 

アンティキ・サポーリ Antichi Sapori

昔ながらのリモンチェッロ
レモンの皮むきから漬け込みまですべて手作りのリモンチェッロ(レモン・リキュール)を販売。伝統配合が守られている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリーム・リモンチェッロ、陶器入り€13

アンティキ・サポーリ

現地名:
Antichi Sapori
住所:
Piazza Duomo 39
地図を見る »
アクセス:
ドゥオモ広場から徒歩10分
TEL:
089-872062
営業時間:
9:30~22:00、冬季は10:00~20:30(木曜は~13:30)
定休日:
夏季は無休、冬季は水曜、2月の3週間 

まっぷるイタリア’18

  • 発売日:2017年01月11日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるイタリア’18」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年10〜12月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。料金・価格の単位は、ユーロ(€)で表示しています。