2017年9月1日

ハワイ

ハワイフラダンス!ハワイ語で踊りといえば「フラ」!

by Fish & Tips

,,
by fotolia - ©beeboys

ハワイ語で「踊り」を意味するフラ。それは古代から伝わる神々や大自然のスピリッツを宿したハワイの文化そのものといえる。

古典的フラと現代的フラ

今や日本でもフラを習う人が増え、すっかりおなじみの舞踊となったが、古代ハワイでは神事や儀式の際に神に奉納される神聖な舞だった。文字を持たなかったハワイの人々にとって神話や伝説、民族の歴史などを子孫に伝えていくためにフラは欠くことのできない手段でもあったのだ。フラには大きく分けると古典的な「フラ・カヒコ」と、現代的な「フラ・アウアナ」とがある。ウクレレやギターの調べとともに踊る一般的なイメージのフラは19世紀後半に生まれたフラ・アウアナであり、伝統的なフラ・カヒコは終始おごそかな雰囲気の神聖な舞だ。だが、19世紀初頭にキリスト教が伝播するとフラは禁止されてしまう。その後ハワイの伝統文化の復活に尽くしたカラカウア王によって半世紀ぶりにフラが復活、新しい時代の楽器を使ったフラ・アウアナが誕生した。

84800

ハワイの文化が見直され、フラを習う子供たちも多い

フラで使われる楽器たち

古代からフラには独自の楽器が使われてきた。ヒョウタンやヤシの木、竹などで作られた打楽器、小石のカスタネットなど、身近な自然素材で作られた楽器が中心だった。なかには鳥の羽根で作った装飾を付ける楽器も。いずれも自然のスピリッツと一体化しながらフラの表現力をより高めてくれる。

50597

パフ
サメの皮を張った木製の太鼓でフラ・カヒコの重要な楽器

50602

イプ・ヘケ
中をくりぬいた2つのヒョウタンでできた太鼓

50587

イプ
中を空洞にしたヒョウタンの太鼓。踊りながら叩くことも

50592

ウリウリ
木の実の中に種子を入れて鳥の羽根で飾ったガラガラ

ハワイの魂を体現するフラ

古典的なフラ・カヒコが表現するものは神や自然への感謝、王朝讃歌などの内容が多いが、フラ・アウアナは男女間の愛がメインだ。どちらもハワイ語で歌われるが、歌詞(メレ)や詠唱(チャント)はもちろん、フラの手の動きであるハンドモーションのひとつひとつにも意味が込められている。基本ステップとともに、こうした手の動きを組み合わせてフラは構成されているのだ。フラを踊ることはハワイの歴史・文化だけでなくハワイアン・スピリッツそのものを体現することになる。 ハワイには旅行者でも気軽にフラを学べる教室(ハラウ)や講座がいくつもあり、男性も参加できるので、カップルやファミリーで体験すれば印象深い旅の思い出となるだろう。

基本ポーズ

愛(アロハ)
両腕を広げ、胸の前でゆっくりと腕を交差させる。愛する人を抱きしめるように感情を込めて

海(カイ)
ひじから下の力を抜いて、両手を波打たせるように上下させる。穏やかな海をイメージしてなめらかに

太陽/月(ラー/マヒナ)
両手を下から上にあげ、上方で輪を作る。親指は他の4本の指と離れるように。顔も手のひらを仰いで

花(プア)
手のひらを胸の高さのところで上に向けて、ゆっくり指をすぼませる。つぼみや咲いている花を表現

あなた(オエ)
手のひらを下に向けて胸の高さにおき、ゆっくりと前に出す。右手だけ出すなど、さまざまな表現方法がある

ハウス・ウィズアウト・ア・キー House Without A Key

地元の人たちからも高い評価を受ける優雅なサンセット・フラ
小説の舞台にもなったオープンエアの老舗レストラン&バーで連日行なわれるフラ・ショー。輝く夕日を浴びながら、ギターやウクレレの生演奏をバックに元ミス・ハワイのベテランダンサーによる優雅なフラが堪能できる。

51302

ガーデンレストランで優雅なフラを

ハウス ウィズアウト ア キー

現地名:
House Without A Key
住所:
ハレクラニ1階
地図を見る »
TEL:
808-923-2311
営業時間:
7:00~21:00(ショーは17:30~20:30)※LO20:45
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.halekulani.com/jp

クヒオ・ビーチ・フラ・ショー Kuhio Beach Torch Lighting & Hula Show

ワイキキのサンセットとともに本格的なフラが無料で楽しめる
ホノルル市と観光団体が共催する無料のショー。ちょうど日が沈む時間帯に、クヒオ・ビーチの野外ステージのトーチに灯がともされ、ムードも満点。地元のハラウ(フラ教室)が交替で出演しているので毎回違う内容が楽しめる。

51386

毎回違うプログラムで催される

クヒオ・ビーチ・フラショー

現地名:
Kuhio Beach Hula Show
住所:
デューク・カハナモク像近くの野外ステージ
地図を見る »
TEL:
808-843-8002
営業時間:
火・木・土曜18:30~19:30(11~1月は18:00~19:00)
定休日:
月・水・金・日曜、悪天候時 

ロイヤル・ハワイアン・センターのフラ Hula @ Royal Hawaiian Center

ワイキキ中心部で受けられる無料のフラ・レッスン
誰もが無料で参加できるフラ・レッスンが毎週火曜と木曜に行なわれている。ベテランのフラ講師が基本的なステップや手の動きをわかりやすく教えてくれ、1時間のレッスンで初心者でも簡単な曲を踊れるようになる。

52832

火曜11時〜、木曜16時〜だが事前に確認を

ロイヤル・ハワイアン・センターのフラ

住所:
ロイヤル・ハワイアン・センターB館1階 ロイヤル・グローブ
地図を見る »
営業時間:
月・火・金曜10:00~11:00、水曜16:00~17:00
Webサイト:
http://jp.royalhawaiiancenter.com

フラ・シャック Hula Shack

日本語で受けられるマンツーマンのフラ・レッスン
講師のマリさんが開催しているプライベートレッスン。基本のハンドモーションからていねいに教えてくれるので、フラ初体験のビギナーにもおすすめ。終わる頃には1曲踊れるようになるので、達成感を味わいたい人はぜひ。

53446

フラの基本をマスターしてフラガールになろう

フラ・シャック

現地名:
Hula Shack
住所:
マジック・アイランド内※希望によりホテル出張あり
地図を見る »
TEL:
808-398-8423
営業時間:
希望に合わせて相談
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.marihayes.com

ワイキキ・コミュニティ・センターのフラ Hula @ Waikiki Community Center

初心者からも中級者からも大評判名師匠直伝の本格フラを楽しく学ぶ
飛び込みOK、わずかな参加費で著名なクム・フラ(フラの師匠)から学べると地元でも人気の教室。パウスカートをはいて、足のステップから基本を習う。指導は英語だが、楽しく教えてくれるので気軽に参加できる。

71907

動きやすい服装で、水とタオルを持参しよう

ワイキキ・コミュニティ・センター

現地名:
Waikiki Community Center
住所:
310 Paoakalani Ave.
地図を見る »
アクセス:
パオアカラニ通り沿い。ワイキキ・コミュニティ・センター内
TEL:
808-923-1802
営業時間:
初級クラス:金曜9:30~11:30、水曜9:30~10:30/中級クラス:月曜9:00~10:30/上級クラス:水曜11:00~12:30
Webサイト:
http://www.waikikicommunitycenter.org

立ち寄り

フラ・レフア Hula Lehua

フラ・グッズの専門店
パウスカートや楽器などフラ・グッズを扱う。トロピカルな柄のタオルやマグカップなどの小物もあるので、フラを踊らない人でもハワイらしいおみやげ探しに。

53601

素手で叩いてリズムを刻むイプはフラの楽器

53630

キャサリン妃も愛用のTAVのドレス

53689

ハワイらしい柄のハンドタオル

フラ・レフア

現地名:
Hula Lehua
住所:
1450 Ala Moana Blvd.
地図を見る »
アクセス:
アラモアナ・センター1階
TEL:
808-941-8881
営業時間:
9:30~21:00(日曜は10:00~19:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://jp.hulalehua.com

ハワイのおすすめホテル

トラベルデイズ ホノルル

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ ホノルル」です。掲載している情報は、2014年8〜11月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。  最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。