トップ > アジア > 台湾 > 台湾の治安。知っておきたいトラブル対策

2017年7月29日

台湾

台湾の治安。知っておきたいトラブル対策

by Fish & Tips

Taiwan. Safe Concept.
by fotolia - © xtock

トラブル対策 TROUBLE

治安は良い国だが、油断せずに対処法を知っておきたい

治安 SAFETY

安全な国と評判の台湾だが、近年は都市部を中心に犯罪も増えてきている。台湾では夜市へ出かける機会も多いが、女性の一人歩きは避けたほうがよい。夜市でのスリや引ったくりも増えているので大金は持ち歩かない、荷物はしっかり体の前で持つ、親しげに近づいてくる人に油断しないなど注意をしておこう。盗難に遭ってしまったら110番に連絡するか、「台北市警察局外事服務站」へ。 また、交通マナーは良いとは言い難いので、青信号でもよく確認してから渡り、バイクや車との接触事故にも気をつけたい。

外務省海外安全情報
www.anzen.mofa.go.jp

208638

緊急時の連絡先

警察 Police      110
消防署 Fire      119
救急車 Ambulance  119
公衆電話からかけた場合、上記の緊急の電話は無料でかけられる。

台北市警察局外事服務站 02-2556-6007
緊急事故の処理、盗難証明の発行、24時間体制、日本語可

交流協会(大使館の役割)
台北事務所 02-2713-8000
高雄事務所 07-771-4008

トラブル事例と対策 Trouble Cases & Countermeasures

【空港で】
事例1.
X線を通した手荷物を、ボディチェックを受けている間に盗まれる。また、タクシーやバスを待つ間に足下に置いた荷物を盗まれる。

対策1.
自分の荷物からは目を離さない。また、両手がふさがってしまい、足下に置く場合も両足で挟みこむように置く。

【街なかで】
事例2.
人混みのなかで、ズボンのポケットやバッグに入れておいた財布をすられたり、車道側を歩いているときにバイクや車から引ったくられたりする。

対策2.
財布や貴重品はバッグの中に入れ、しっかり持つ。また車道からは離れて歩き、バッグは車道とは反対側の手で持つ。

【ホテルで】
事例3.
外出時に泥棒が入り、部屋に置いておいた荷物を盗まれる。客室のドアをノックされたので、従業員かと思いドアを開けたら強盗だった。

対策3.
スーツケースは施錠し、貴重品はセーフティボックスへ。部屋にはチェーンをかけ、相手を確認するまでは開けない。

【買物で】
事例4.
支払いを済ませたあと、おつりを歩きながらしまっているところで引ったくりに遭う。買物の最中、置きっぱなしにしていた荷物を盗まれる。

対策4.
現金を持っていることをなるべく周りには見せないようにする。買物もできればクレジットカードで済ませたい。

【食事で】
事例5.
テーブルに荷物を置いたまま席を離れ、置き引きに遭う。知り合ったばかりの人に睡眠薬入りのものをすすめられ、寝ているすきに財布を盗まれる。

対策5.
席を離れるときは必ず荷物を持つ。むやみに人にすすめられたものを口にしない。知り合ったばかりの人ならなおさらだ。

【夜市で】
事例6.
混雑のなかを歩いてスリに遭ったり、バッグを切り裂かれたりする。帰りのタクシーでメーターが作動しておらず、法外な金額を請求される。

対策6.
バッグはしっかりと体の前へ。夜1人でタクシーに乗る場合は、タクシー会社の名前が書かれている流しのタクシーを。

台湾のホテルを検索する

トラベルデイズ 台湾

  • 発売日:2012年07月02日

筆者 : Fish & Tips

Fish and Tipsでは、海外旅行のコツやノウハウ、海外で話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの海外旅行情報を配信しています。

奥付:
「トラベルデイズ 台湾」が出展元となる記事に掲載している情報は、2014年10月〜2015年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。