ハレクラニ ホテル

ハレクラニ ホテル
Halekulani Hotel
ホテルグレード 5つ星
2199 Kalia Road Honolulu, Hawaii, ワイキキ, ワイキキ(HI), アメリカ合衆国 96815

ブログや旅行記

全体

ゆったりとした時間を過ごせるホテル

パーシャルオーシャンビュー / カップル・夫婦 - by lacco

ワイキキ随一の高級ホテル・ハレクラニは、のんびりとした時間を過ごすのに最適です。ワイキキの中心部のロケーションにも関わらず、それを感じさせないほどにとても静かな時間が流れていました。また館内では日本語が通じるので、あまり英語が堪能でない私にはとても助かりました。日本人向けのホテルですが、その分サービス面におけるクオリティも高く、新婚旅行などにもおすすめできると思います。

ハレクラニホテルは、全体的に白を基調としたホテルでとても上品な印象でした。白い建物と青空、庭の緑、ビーチなどが融合した光景は、まさにリゾート感をたっぷりと感じることができました。

中庭はとても広々としており、朝や夕方に散歩を楽しみました。トロピカルな花がたくさん植えられており、まさに南国を思わせる空間が広がっていました。ベンチなどもたくさん置かれていたので、読書をしてのんびりと過ごすことができました。

中庭にあるレストラン&バー「ハウスウィズアウトアキー」では、ハワイアンミュージックとフラのショーが行われると聞いて、最終日に足を運びました。早めに行ったので前の方の席を確保することができ、目の前で華麗なダンスの鑑賞を楽しむことができました。

滞在時期は2014年05月頃です。公式ホームページで1泊27,000円ぐらいで予約しました。

全体

名実ともに最高級の老舗ホテル

オーシャンビューのツインルーム / 家族(小さな子連れ) - by barmartini

3歳になる子供と家族で宿泊しました。 ハレクラニは老舗の高級ホテルとして有名ですが、その名にふさわしくサービスも大変よかったです。 飛行機の都合でチェックインよりだいぶ前の到着したのですが、専用ラウンジもとても快適でフライトの疲れを癒してくれましたし、予定より2時間も早くチェックイン可能にしてくれました。 ホテル内のレストランもハイチェアやキッズミールも用意されていてお子様歓迎ムードですし、しかもそのキッズミールがボリューム満点で安い!子連れには大変有難かったです。 お部屋も外出する度に1日に何度でもリネン類などが変えられていて、ディナーの後には毎夜コンプリメンタリーが用意されていて、とても感動しました。 日本語対応のスタッフもいるので安心です。

滞在時期は2010年10月頃です。ビューティフルウエディングで1泊60,000円ぐらいで予約しました。

全体

いつ来てもくつろげる

オーシャンフロント / カップル・夫婦 - by Amarone

何回目かの滞在ですが、「お帰りなさいませ」との挨拶に心がなごみます。個人的には、Welcome back!と言っていただければそれでいいとも思うのですが、日本語で安心するお客様も多いんでしょうね。以前は、オーシャンビューの部屋でしたが、今回はツアーの設定上オーシャンフロントに滞在。ここまでいい景観でなくてもいいと宿泊する前までは思っていましたが、やはり高層階からの海の眺めは言葉を失うほどです。ハウス・ウィズアウト・ア・キーでのダイアモンド・ヘッドを眺めながらの朝食はハワイにいることを実感させてくれる幸せな時間をもたらしてくれます。プールサイドはいつも混雑していて、自分にとって快適な場所を確保するのはやや大変ではありますが、他のワイキキのホテルとはまた違ったゆったりとした大人な時間が流れるハレクラニはやはり最高の贅沢を味わうことができます。

滞在時期は2014年09月頃です。JALパックで1泊70,000円ぐらいで予約しました。

全体

泊まるだけでなくホテルステイを楽しめるホテルです

オーシャンビューツイン / カップル・夫婦 - by melody

白を基調とした広々とした部屋は清潔感があり、目の前には海が広がり開放的です。設備こそ最新のものではありませんが、快適に過ごすことができました。 ホテルのスタッフはホテルの雰囲気同様リラックスした感じで、皆笑顔で迎えてくれます。 ホテル内にはモザイクが美しいプール、緑が眩しいガーデンやサンセットにフラショーを楽しめるレストランなどがありホテル内でゆったりとくつろぐことができます。 ベッドメーキングの際にはプチギフトが添えてあったり、カクテルパーテイーへの招待など泊まるだけのホテルではなくホテルに滞在すること自体を楽しめるホテルだと思います。

滞在時期は2013年10月頃です。JTBで1泊60,000円ぐらいで予約しました。

周辺情報

観光に便利なロケーション

- by lacco

ホテルはワイキキの中心部に位置しており、ビーチ、買い物、グルメを楽しむのにとても便利なロケーションに位置しています。夜遅くまで営業しているお店も多く、治安面においても安心できました。ABCストアも近くにあり、食料品などの買い出しに重宝できました。

ホテルのすぐ目の前にはワイキキビーチがあり、マリンアクテビティを気軽に楽しむことができます。またダイヤモンドヘッドを目の前に見ることができ、これぞハワイといった景色を存分に満喫することができました。

ワイキキビーチを東へ歩いて行った先にあるのが、カピオラニパークでホテルから歩いて15分ほどでアクセスできます。水族館や動物園などにも近い場所にあります。中心部から少し離れていることもあり、人が少ないのでのんびりと過ごすことができました。

ホテルの施設・アクティビティ情報

ホテルの設備
24時間対応フロントデスク 、 24時間対応ルームサービス 、 空港送迎 、 ATM 、 託児施設 、 バー 、 ビジネス設備 、 レンタカー 、 パーキング 、 コンシェルジュ 、 エレベーター 、 バリアフリー設備 、 洗濯サービス 、 荷物預かり所 、 会議場、宴会・パーティー場 、 新聞 、 レストラン 、 ルームサービス 、 セーフティボックス 、 美容院 、 館内ショップ 、 喫煙所 、 ガイドツアー
部屋
ガーデンビュー、オーシャンビュー(部分的)、オーシャンビュー
駐車場
バレーパーキング、駐車場
フィットネス・運動
ガーデン、スパ、フィットネスセンター、マッサージ、屋外プール
その他
空港までの送迎料金 : 30USD
朝食代 : 39USD
チェックアウト : 12:00PM
市街地までの距離 : 5Miles
空港までの距離 : 10.Miles
チェックイン : 03:00PM
インターネット利用料金 : 0USD
禁煙室/禁煙フロアの有無 : 有り
バーの数 : 3軒
建物の階数 : 17階
レストランの数 : 3軒
部屋の数 : 453部屋
駐車料金(1日) : 28USD
客室の電圧 : 120ボルト
空港までの所要時間 : 40分
築年月 : 1983年
改築年 : 2012

ホテルについて

ハワイのリゾートホテルのおおよそを知っている人なら誰もが一度は泊まってみたいと思っているのが「ハレクラニホテル」。近代的な大型リゾートホテルとははっきり違う、上品で静かなたたずまいのこのホテルで、大人の休日を堪能する。

ホテルの特長

by Alan Light, used under CC BY
賑やかなワイキキビーチにほど近いエリアにありながら、ハレクラニはそこだけが独特の静けさに包まれている。エントランスに足を踏み入れた瞬間、ここがワイキキの他のホテルとは違う、特別なホテルであることに誰もが気づくだろう。

ハレクラニホテルの歴史は古く、1883年、今のハレクラニホテルの場所に簡素な邸宅1軒とバンガロー5棟から成るレジデンシャルホテル「ハウツリー・ホテル」がオープンしたところから始まっている。その後、買収と改修工事を繰り返し、ホテルの名前もハワイの言葉で“天国にふさわしい館”を意味する「ハレクラニ」に改名。100周年の年に当たる1984年に大々的なリニューアルを終えて現在の姿になったが、ハワイらしい温かみのあるホスピタリティと華美に走らない本物の高級感は、今も変わらない。

© halekulani.com
敷地内には客室棟が2棟、プール、スパ、レストラン、バー、ショップなどがある。なかでも宿泊客に対するもてなしの気持ちがそのまま表れているのが2階にある「ホスピタリティ・スイート」で、早朝のフライトで到着した人が客室に入るまでの時間、あるいは遅いフライトで出発する人が客室を出た後の時間、ここでゆっくり過ごすことができる。

室内にはシャワーやロッカーが完備していてドリンクのサービスもあり、他のホテルにはない、いかにもハレクラニらしい心遣いが感じられる。「ホスピタリティ・スイート」にはビジネスセンターも併設されていて、日本語対応のコンピュータ、ワイヤレスインターネットサービスなども利用できる。

どんな人にオススメ?

by Alan Light, used under CC BY
間違いなく、ハレクラニは大人のためのリゾートホテルだ。大人2人、あるいは少人数の大人のグループに適している。ひとり旅の人も、ハレクラニなら自分の居場所がたくさんあり、ほかの宿泊客に煩わされることなく自分のペースで過ごすことができる。もちろん、ハネムーナーにもおすすめだ。館内は静かで、プールもこぢんまりとしていて泳いだり水遊びをして楽しむというよりも静かにくつろぐための場所という感じなので、元気いっぱいの子ども連れには向かない。

アクセス

スイートルームなど一部の部屋の宿泊者には、プライベートリムジンでのホノルル空港送迎サービスが部屋のサービスに付いている。それ以外のタイプの部屋の宿泊者でも、希望すれば空港とホテルの間の送迎を有料でしてくれる。空港からホテルまで、車での所要時間は35分前後。

空港からハワイの市営バス“ザ・バス”を利用する方法もあるが、到着ゲートからバス停まで、またバスを降りてからハレクラニの正面玄関まで、少し歩かなくてはならない。バスの所要時間は50分前後。ホテルには駐車場が用意されているので空港でレンタカーを借りる方法もある。滞在中、ドライブを楽しみながらビショップミュージアムやイオラニ宮殿、ホノルル美術館、タンタラスの丘、ハナウマベイといった観光スポットを巡るのもいい。

どんな部屋があるの?

客室棟はダイヤモンドヘッドタワーとエヴァタワーの2棟があり、オーシャンビューではなくてもほとんどの客室から海がきれいに見える。ほとんどの客室が白を基調にした上品でシンプルなデザイン。リゾートホテルによくある近代的な豪華さではなく、洗練された清潔感がとても印象的だ。 部屋に関する詳細な情報は、ハレクラニ公式サイトをご覧頂きたい。
以下、代表的な客室をご紹介しよう。

© halekulani.com
【スタンダードルーム】 広いバルコニー、ガラス張りのシャワーブースとゆったりしたバスタブ付き。コットン100%のバスローブ、40インチのフラットパネルテレビ、高速インターネット接続など。1日2回の清掃、宿泊記念品のプレゼント、ウェルカムアメニティ付き。毎朝、日本語の新聞が届けられる。

© halekulani.com
【ダイヤモンドヘッド・スイート】 窓の向こう、部屋の正面にダイヤモンドヘッドを臨むスイートルーム。部屋の広さは97〜102㎡で、隣の部屋とのコネクティングルームも可能。室内の基本的な設備はスタンダードルームと同じだが、ミニシンクとクローゼットもついている。

© halekulani.com
【プールビュー・スイート】 プールに面した位置にあるワンベッドルームのスイートルーム。低層階にあるため、青い海と空を背景にヤシの木が生い茂る南国の落ち着いた風景が楽しめる。部屋の広さは98㎡。眺めのいいリビングとミニシンク付き。

© halekulani.com
【ロイヤル・スイート】 専用エレベーターを降りると、目の前にダイヤモンドヘッドとワイキキビーチのパノラマが広がる。室内はクラシカルなデザイン。2ベッドルーム、2.5バスルーム、フルキッチン、温水洗浄便座、ウォークインクローゼットなど。部屋の広さは378㎡。特典として、空港とホテルの間のプライベートリムジンでの送迎サービス、毎日の朝食、ウェルカムシャンパンとカナッペ、24時間体制でリクエストに応えてくれるパーソナルバトラー、スパハレクラニ・オリジナルのバスアメニティなどが付いている。

© halekulani.com
【ハレクラニスイート】 室内のデザインはアメリカのファッションデザイナー、ヴェラ・ワンのデザインコンセプトとハレクラニのエレガンスが融合した世界。部屋の広さは1ベッドルームが260㎡、2ベッドルームが378㎡。広いバルコニーとジェットバス付き。特典はロイヤル・スイートと同じで、オプショナルサービスとして「スパハレクラニ」のトリートメントを部屋で楽しむことができる。

© halekulani.com
【オーキッド・スイート】 窓を開け放つと、そのまま緑あふれるプライベートガーデンに出ることができる。リビングルームにはワインセラーがついたフルキッチンが完備。バスルームにはスチームシャワーや水風呂用のバスタブも備わっていて、スパの個室さながら。「スパハレクラニ」のトリートメントが利用できるほか、アフタヌーンティー・サービスもある。部屋の広さは220㎡。

© halekulani.com
【ラグジュアリー・テラス・スイート】 主寝室、リビングルーム、ダイニングエリア、ワーキングスペース、ウォークインクローゼット、ミニシンクがあり、さらに部屋の外に大きなテラスがある。低層階だからこそ、ヤシの葉が揺れる落ち着いた雰囲気を楽しむことができ、大きなソファやリクライニングチェアが置かれているテラスで1日のんびり過ごすのもいい。部屋の広さは219㎡。

スパを楽しむ

© halekulani.com
1階メインエントランスの左側にある「スパハレクラニ」では、ハワイの王族が神聖な儀式の際に用いたとされる神の植物“マレイ”の香りが漂うなか、高い技術をもったセラピストがロミロミに代表されるハワイ式マッサージやポリネシア諸島、アジア各地で伝承されてきたセラピーを提供してくれる。マッサージ、ボディトリートメント、スキンケアなどで心も身体もリラックスした後は、静かなテラスでハワイの風に吹かれてまどろむ極上の癒しタイムが待っている。料金は、“ロミロミ”“ノヌ”“タウルミ”がいずれも50分で185ドル。ほかに、指圧、禅指圧、タイマッサージ、ホオレレ、アロマテラピー、ホットストーン、レッグリリーフ、マタニティマッサージ、リフレクソロジーなど、メニューも豊富。

これからの冬の季節、ワイキキは午後6時ごろに日没を迎える。ハレクラニのプールサイドは照明が落とされ、あたりは夕闇に包まれていく。ビーチから聞こえてくる波の音、素朴なハワイアンミュージックの音色…。ハレクラニにしかない、上質な大人のワイキキの夜が始まる。

ホテルについてのまとめ

ホテルの特徴

ハワイ語で「天国にふさわしい館」という意味のその名のとおり、ハワイのオアフ島の中でも最高級のホテルの一つである。日本からはハネムーンや家族旅行で来る観光客が多い。ワイキキの中心地に位置しており、ビーチやショッピング街へのアクセスも良い。歴史のある、落ち着いていてホスピタリティに溢れるホテルです。

アクセス

オアフ島のワイキキエリアに位置し、ビーチにもショッピングエリアにも徒歩で行ける。近くには、トロリー乗り場もあるので、アラモワナなどにもアクセスが良い。

スタッフ

教育をしっかりと受けていると思われる、親切で対応の良いスタッフばかり。中には日本語を喋れるスタッフもおり、一人一人のサービス精神は高い。

清潔感

施設内も客室内もどこも清潔に保たれており、とくに問題は感じられない。

価格

ワイキキ最高級と言われるだけあり、価格も他のホテルより高め。サービス、ホスピタリティを重要視する方にはコスパの良いホテルだ。

部屋

価格や他のホテルに比べると、多少狭く感じるかもしれないが、客室内は清潔に保たれている。部屋によってはオーシャンビューを望める。

バスルーム

歴史的に古い施設なので、最新機能は整っていないが、清潔で広々としたバスルームだ。また、日本人客が多いにも関わらず、ウォシュレット機能もない。

アメニティー

基本的なアメニティはほとんど揃っている。歯ブラシが用意されていないということだが、フロントに言えばすぐに持ってきてくれる。

館内施設

館内は落ち着いた雰囲気で、客層も年配の夫婦や家族連れが多い。施設内のプールは人気があり、そばにはスパも併設されている。

周辺エリア

ワイキキ中心地に位置しているため、ショッピング街やレストランも周辺に並んでいる。ビーチにも近く、トロリー乗り場もすぐそばにある。

ネット環境

Wifiは無料で利用可能。チェックイン時にフロントでIDとPasswordを入手する。ケーブルテレビもあり、NHKも観ることができる。

レストラン

朝食ビュッフェは他のホテルに比べるとコスパが良いとは言えないが、和食なども揃っている。カフェやディナーを楽しめるレストランも館内にある。